ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

韓国の森林の表情・・・한국의 삼림

韓国の森林についてのお尋ねもあったので、韓国シリーズの3弾目絞めとして、韓国の森林について。
実は、木材事情などの調査には入ったのですが、森林そのものには近づいてませんので、よい写真などがありません。撮れただけ少し紹介します。ご容赦ください。

ここは、釜山から車で1時間ほど西に行った港湾都市「鎮海(チネ)」。
鎮海は日本統治時代、日本海軍の軍港でもあったところで、日本でも見られないくらい桜が多く「桜祭り(軍港祭り)」は国内に限らず有名です。因みに、私の義母、儀祖父母は終戦まで軍属としてこの地に住んでいたので、桜のこともよく知っていました。

鎮海港にはロシアからのカラマツの輸入木材を見に行ったのですが、特徴的な山も見られました。(サムネイルをクリックし拡大画像を見てください)

鎮海
住家の直ぐ上から送電鉄塔が立っている付近まで松と広葉樹群です。緑の中に紅葉または落葉しているのは、ナラやクヌギです。
クヌギ、ナラはシイタケ栽培の原木として使われます。
その上の緑は松の人工林(人の手で植えられた林)で、スギも混じっていると思われます。
更にその上、頂上まではほとんど樹木が育たない岩石地(石英斑岩)で草や小潅木でしょう。枯れています。
対馬の山も同じ地質でよく似ています。

クヌギ
里山のマツ林(人工林)です。枯れたように見えるのはクヌギ林で、シイタケ栽培に使います。
韓国にはクヌギ林が多く、日本はクヌギの苗を育てるための種として、その実(どんぐり)を輸入しています。

白樺
ここは、歴史的な寺院などが多い韓国を代表する観光地「慶州(キョンジュ)」から北へ少々行ったところの、マツ林ですが、手前の方は白樺林です。
このあたりは、松茸が多く取れるそうで、立ち入り禁止の看板がいたるところに立っていました。

造林地
マツの植林予定地です。まだ苗木は植えられいません。緑の筋は苗木を植えるために、草や潅木を切り払い集積したものです。日本では「地拵(ぢごしらえ)」と呼んでいます。

海岸林
韓国東海岸のマツの防風林です。マツ林の向こう側が海で、手前の農地を風や潮の害から守っています。
韓国にも松くい虫が広がりつつあり、マツが多いので、その対策には政府も大変気を使っているようです。

韓国=禿山というイメージでしたが、禿山の時代からすると森林の造成にずいぶん力を入れていると感じました。
韓国では、道路を壊して元の川の復元や、干潟の復旧など、自然回帰への取組みが活発です。
さて、日本はどうなんだ。森林に限っては、今は優位な立場ですが、いつ追い越されるのか?


↓よろしければクリックを
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 森林 | 15:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

よねこ さん

コメントありがとうございます。
韓国で花粉症の話は聞いたことがありませんね。
スギが少ない。ヒノキもほとんど無い。
ですから、いわゆるスギ花粉症は無いと思います。

環境の破壊というのは、目に見えないものが多いので、気がついたら手遅れだったということになりかねません。
温室効果ガスなんて見えませんから、地球温暖化防止なんて言ってますが、もう手遅れなのかもしれません。
化石燃料を一切使わないくらいの覚悟がないと止まりませんよね、地球温暖化は。

| つしまひのき | 2012/02/06 17:53 | URL | >> EDIT

福ちゃん福を呼ぶさん


コメントありがとうございます。
環境問題を左右するのは、国民の声ですよね。
でも、国民がきちんとと声を上げないから、政府もやりっぱなしなのでは。
環境問題は地元住民と全国民との利害差の関係で、難しいと思います。

韓国のお祭りをアップしましたので見てください。

| つしまひのき | 2012/02/06 17:34 | URL | >> EDIT

順天姉さん

一旦、造ったものを壊すとか、元に戻すとかは、一見後退のように見えますが、将来のためにどうなのかは歴史が証明するのでしょうね。諫早干拓も。
諫干を現段階で評価するのは難しいですが、失ったもの(自然など)も多いし、利益を受けた(森山あたりの水没解消など)ところもあり・・・。
韓国は、イ大統領の姿勢の問題でしょう。
釜山の西に、世界的に知られる渡り鳥(主に水鳥)の渡来地がありますが、ここがきちんと守られているのは政府の姿勢でしょう。

| つしまひのき | 2012/02/06 17:21 | URL | >> EDIT

韓国もマツや白樺が多いんですね~!
向こうの人も花粉症に悩まされるんですかね?!
北海道はわりとまだ緑が多いと思いますが
環境は確実に破壊されているんでしょうね・・・
マツ林も向こうに行ったら見てみたいと思います♪

| よねこ | 2012/02/06 15:26 | URL |

こんばんわ

初めまして訪問とコメントありがとうございます 韓国は環境の事考えてるんですね 日本も韓国の様に環境問題とかにもっと力を入れて欲しいですよ 通常国会が始まりましたがほんとくだらない事ばかり・・・韓国にあまり興味が無かったんですが写真を見たら行ってみたくなりました 

| 福ちゃん福を呼ぶ | 2012/02/03 23:12 | URL |

どの国も木や森は私達の生活と密着しているんですね。

韓国での自然回帰の取組みは、やはり他国を見て決めたのでしょうか・・・。それともなにか問題が起きたのかしら?なかなか道路を壊してまで自然回帰にもっていくっていう決断は勇気がいる事だと思います。

長崎も諫早干拓の問題とかどーすんの?って事がたくさんあるけど、問題先送り~ですもん。政治というより国民の勇気と決断今必要・・・と私は思っていたりします。

| 順天姉 | 2012/02/02 15:25 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chatpapa.blog.fc2.com/tb.php/56-cf3d2184

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。