ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヘリコプターが造る不思議な渦・・ヘリ空散

6月、梅雨前ごろ松くい虫被害の予防のため、ヘリコプターで松林に薬剤を散布します。
そのときできたメガネのような奇妙な渦です。

へり空散

ヘリのローターが造る風で、薬剤を下向きに吹き降ろすのですが、再び舞い上がった薬剤がくるりとメガネの渦を作りました。
普通は下の写真のようになります。

ヘリ空散

一般に「松くい虫」と呼ばれる被害は、「マツノマダラカミキリ」というカミキリムシが、「マツノザイセンチュウ」(松の材線虫)という目に見えないくらいの小さな線虫を運び、松の木に付着させることで発生します。
松に付着した線虫は、松の幹に侵入し増殖します。増殖した線虫は、水分や養分を運ぶ導管を詰まらせ、松を枯れさせてしまいます。枯れた松の木に、カミキリムシは卵を産み付け、卵⇒幼虫⇒さなぎ と育ち次の年の5~6月ごろ再び羽化します。
生きている松はヤニを出して防御するので、カミキリは産卵できません。つまり、カミキリは線虫の運び屋となり、線虫は枯れ松を提供するという、共生の関係にあるのですね。

ですから、運び屋のマツノマダラカミキリが羽化する頃を見計らって、薬剤で駆除し、共生の鎖を断ち切ろうとしているのです。


↓よろしければクリックを
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 乗り物 | 16:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

順天姉さん こんばんわ

薬剤散布は、カミキリ以外の昆虫にも影響があるため問題はあるのですが、重要な松林に限って散布を行っています。
重要なとは、防風林、防潮林などです。特に海岸や岩山には松しか育たないので、松を守ります。

ところで、松くい虫は長崎県から全国に広まったといわれています。佐世保に上陸した米軍が持ち込んだ木材に線虫が着いていたというのです。もともと日本には居なかったのです。

長崎県産もこんなのは不名誉ですね。

| つしまひのき | 2011/12/29 19:37 | URL | >> EDIT

こんにちは。
薬剤散布で緑の森林は守られているんですね。
私は今、緑がけぶるように遠いところにしか見えないところに住んでいて、緑を感じる事ができません。
人間と森林の分断は結構つらいです。人は緑がないと生きていけないのかも・・・だってうちの近所の人はやたらガーデニングしてる人が多いもの^^;

| 順天姉 | 2011/12/29 17:40 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chatpapa.blog.fc2.com/tb.php/50-9d168049

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。