ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

飛騨のつるし柿

つるし柿の季節になりました。
干し柿は、子供のころにはお正月のごちそうとして、楽しみでした。甘くて、適度なやわらかさ、表面に吹いた白い粉
、すべてがおやつの一級品でした。
いまでは、正月にも滅多に食べることはなくなりました。干し柿の甘味に替わるものたくさんあるからでしょうか。

飛騨の古川で、家屋の風情と吊るし柿が調和した光景にめぐり合いました。

吊るしがき

家のつくりが飛騨の匠によるもので、直線を生かした構造、格子の窓、軒下には白の意匠がある雲と呼ばれる匠の印。
雲の下に吊るされた柿の一様でない配列。はじめは静かに、そして激しく動くピアノソナタの音符のよう。
関連記事
スポンサーサイト

| 絶景 | 12:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 干し柿

TYさん
干し柿を作ったんですか。すごいですね。
渋柿が農家の直売店やスーパーにも売ってますが、そこまで思い立ちません。
お天気がよくないと、カビや虫にやられたりしますよね。
柿渋に防腐・防虫効果があるとされていますが、なかなかうまくいかず。
干し椎茸は、糸を通してぶら下げて作るんですが・・・
私も昔を思い出して、干し柿にTRYして見ますか。

| つしまひのき | 2011/11/15 14:16 | URL |

干し柿

干し柿が懐かしくなり、今年初めて庭になった渋柿を皮をむいて吊るし柿にしたのですが、暖かい気候のせいなのか、青カビを生やしてしまいました。カビの防止で皮をむいた後に熱湯に漬けると良いそうですね。後で知りました。来年はちゃんとやろうと思っています。でも来年、カキが実ればよいけど…。

| TY | 2011/11/15 13:48 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chatpapa.blog.fc2.com/tb.php/34-bfc3abdf

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。