ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クリスマス 

2014 12,24

今年のクリスマスも恒例のタペストリー
全て来月84歳になる妻の母が作ったキルトです。
最後の画像は孫が飾ったツリー
タペストリー
 
ツリー

こうやって 声を大にせず 褒めてくれていた
褒めてくれたことに気づかずにいることが多かった、と、思う
関連記事
スポンサーサイト

| その他 | 10:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クリスマスグッズ片付けました。 こうやって 過ぎていくんだね、月日が、今まで当たり前に過ごしていた日々 
当たり前でなくなった今 
あの日、あの時に戻れたら タイムトラベルって可能なのかなあ?宇宙はどんどん膨張していくのに 過去にもどれるのかなあ?
時間という不可解なもの 魂という不可解なもの
結局今を、今の今を2度と来ない今を 大事に過ごすしかないのでしょうね。

| my | 2015/12/29 18:22 | URL |

クリスマス

クリスマスは小さい頃 サンタのプレゼントという形で家族の行事に入ってきました。当時 ケーキ屋さんもない田舎に住んでいたので 母が電気釜スポンジを作り バタークリームで薔薇の飾りとか作って蕗の砂糖煮 銀色のつぶつぶをぱらぱらふって そうそうレチェリーの砂糖煮も 飾って。今みたいにカメラもないから そのケーキ、想像するしかない、 赤、緑、銀色 わお、まさにクリスマスカラーだ。
孫がクリスマスイブが終わったら もうクリスマスは終わったと、思っていて、クリスマスってキリストが生まれた日をお祝いするんだよ って言ったら キリストって誰?って。保育園の子に説明するのって難しい。
小さい頃のクリスマス、そうそう、ツリーも母が飾った。鳥の丸焼きもあったかなあ。 それが昭和30年代のクリスマス。
結婚して家庭をもって子供が生まれて 子供もサンタさんを楽しみにしていた。キリストの信者でない我々のクリスマスって 面白いね~ イベントを楽しむ。 家族行事を楽しむ 

| my | 2015/12/26 07:39 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chatpapa.blog.fc2.com/tb.php/158-9eea4d52

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。