ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

長崎くんち(3)・・・傘鉾(かさぼこ)

長崎くんち(3)

それぞれの踊り町(おどりちょう)は、その町のシンボルの巨大な傘鉾(かさぼこ)を先頭に進み演し物を奉納する。
傘鉾は、踊り町を表すプラカードのような役割がある。

≪画像はクリックで拡大できます≫
IMG_0830-2.jpg
今年の踊り町「江戸町」の傘鉾

傘鉾の上に「飾り」が乗っており、まわりに「垂れ」と呼ばれる布が張ってあってある。飾りと垂れの間を「輪」が囲んでいる。
真ん中には「心棒」と呼ばれる太い竹が通してあり、担ぐための「担ぎ棒」と「握り棒」がついている。
直径2m弱、高さ3~3.5m、重量は130~150kgあるといわれる。これを一人で担ぎ、円を描いて舞う。

担ぎ手は長崎郊外農村部の屈強な男衆が担当する。
○○組が組織され、毎年どこかの踊り町の傘鉾を担ぐ。

IMG_0830.jpg
江戸町はオランダ交易を表すVOC(東インド会社)のマークが入った古伊万里の皿の飾り

IMG_0837.jpg
反対側には、オランダ商館長が江戸町に贈った町章をあしらった杯。
この町章は、JEDOMATIの頭文字JDMをデザインしたもの。
このロゴが腕枕をして横になった蛸に見えることから、長崎っ子はこれを「たこのまくら」と呼ぶ。

IMG_0841.jpg
重い飾りとのバランスを取るために、心棒の下の先には重りとして一文銭が2,500~3,000枚くくりつけてある。
お金を重りに使うとは、出島貿易で栄華を極めた長崎商人らしい。

傘鉾は前座ではなく、これだけで立派な演目で、傘鉾おたくも多い。
傘鉾が舞うときは、点の上ではなく円を描いて回る。
この円が小さいと「ふとまわれー!」の声が掛かる。太う回れ(ふとうまわれ)=大きく回れ である。
長崎では、太いも大きいも高い(背が)も全て「太い」なのです。

今年の「くんち」では江戸町だけしか撮れなかったので、過去に撮り貯めた傘鉾を紹介します。
手振れ、ピンボケもありますが、説明なしで飾り(だし)と垂(たれ)をご堪能ください。


DSCF3294.jpg

DSCF3304.jpg

DSCN0394.jpg

DSCN0410.jpg

DSCN0416.jpg

DSCN0429.jpg

DSCN0434.jpg

DSCF3316.jpg

DSCF3332.jpg

DSCF3345.jpg

DSCF3354.jpg

DSCN0382.jpg

「傘鉾」についての詳しくは こちら→「傘鉾に恋して」


↓ブログ・ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
釜山から私たちも応援しています!
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 祭り | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして
盛大なお祭りですね。
行ってみたいお祭りですが
ブログで見せていただきで
我慢します、静岡からでは
遠すぎますから
でも、凄いお祭りですね。

| ???? | 2012/10/14 04:53 | URL |

VOC

こんばんは。
VOCのロゴの入ったお皿を初めて見たのは柿衛門窯の展示場だったと思います。
これはまた大きなお皿ですね。
こんな所にも歴史が色濃く現れていて増々魅力的なお祭りです!
前記事の子どもたちの衣装も良いですね。

| yokoblueplanet | 2012/10/13 18:37 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chatpapa.blog.fc2.com/tb.php/146-a82c1827

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。