ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

対馬ひのきを世に出す(1)・・・対馬ひのきプロジェクト

《画像は全てクリックで拡大できます》

これは一体何でしょう。

005-2.jpg
「スツール」です。作品名は「polpo」
ヒノキで作ったスツールです。
「脚」が人の「足」のようで、ユニークというかチョット怖いですが、全体のフォルムは流れるようなラインで芸術性は高いと思います。

005.jpg

この作品、2003年(少々古くてすみません)に対馬で開催した「対馬ひのきデザイン・コンペ」の応募作品の1つです。

DSCF2070.jpg

上のような図案で応募されたデザインを、対馬ひのきを使って家具職人が試作しました。
実用化のため人が座っても大丈夫なように、少々改良を加えています。



島の面積の90%を森林が占める「対馬」には、良質なヒノキがたくさんあるのですが、九州本土から100km以上離れた離島であることや、過疎化が進みヒノキは充分利用されないのです。

そこで、対馬ひのきの利用を図るため、建築以外の多様な用途も開発し販路を開拓する必要があるということで、対馬森林組合・民間企業・行政が連携して、主素材を対馬ひのきに限定した椅子・テーブル・家具・内装材等のデザインコンペティションを開催しました。

さらに、入賞作品を東京ビッグサイトで毎年開かれる「東京国際家具見本市」に出展するという一連のプロジェクトを通じて、対馬ひのきの良さを全国にアピールしようという取組みを行いました。

事業のコンセプト
 対馬ひのきデザインコンペティションを開催し、6つのテーマで対馬ひのきを主素材としたテーブル・椅子・収納家具・内装建材等のデザインをデザイナー、デザインスクール、大学等に一般募集。国内の著名なデザイナーの審査により、入選作品25点を選考する。
 入選作品25点を試作し、2003年11月に東京ビッグサイトで開催される「2003東京国際家具見本市」に出展。家具メーカー、卸・小売販売店等に紹介し商品化と販路の拡大を図る。
 見本市の展示ブースは対馬をアピールするものとし、対馬全体としてのイメージアップを図る。


《画像は全てクリックで拡大できます》
以下、募集チラシ
募集チラシ350-01


         募集チラシ350-02-vert

最優秀賞「対馬賞」50万円を取って、東京ビッグサイトへ行こう!!
DSCF2837.jpg

コンペの作品やプロジェクトの様子を順次アップいたします。


↓ブログ・ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
釜山から私たちも応援しています!
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 対馬ひのき | 16:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なっつばー さん

> ひのきはこれまでに、ほとんど家具として使われていませんでしたが、最近使われるようになりました。
> このデザインは奇妙ですが、特に面白いのでトップに持ってきました。
> 何か引き付けるものがあります。

| つしまひのき | 2012/10/03 22:45 | URL | >> EDIT

2人の人が座面を支え合ってるみたいですね。
柔らかなラインが美しいです。

| なっつばー | 2012/10/03 19:56 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chatpapa.blog.fc2.com/tb.php/139-6e1c3fa0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。