ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

長崎、祈りの日(3)・・・8月9日

爆心地公園での祈りに訪れる人々の周りでは、思い思いの取り組みがされていました。
参加している皆さんは、過去の慰霊祭では考えられない位明るく、私たちの時代とはずいぶん違うという印象でした。

IMG_0162.jpg
定番の平和集会や学習会

IMG_0197.jpg
「平和を祈る子」の前で祈る人
1967年「長崎平和折鶴会」が建立。
 原爆地付近には多くの学校があり、原爆で亡くなった少年少女は約1万人ともいわれています。この像は、被爆20周年に長崎平和の折鶴会が国内外から募金を集め、人類永遠の平和を象徴する像として建てられました。
 
IMG_0190.jpg
近所の石段では、職域での慰霊祭が行われていました。
この慰霊祭は、NTT(旧電電公社)の慰霊祭ようです。
浦上駅前では、旧国鉄の慰霊祭も行われました。

IMG_0181.jpg
多くの外国の方も訪れています。
奥の方では、僧侶の読経が続けられています。

IMG_0214.jpg
長崎の高校生により1998年に始まった「高校生1万人署名活動」のみなさん。
今年は15万人の署名を集め、累計84万人になりました。
毎年、国連に高校生大使を派遣し、核廃絶と世界平和を訴えています。
この活動は全国の高校生へ、そして世界の若者へと広がっています。

IMG_0257.jpg
追悼のフラダンス?

IMG_0265.jpg
新潟からやってきたという青年。
歌の内容ははよく分かりませんでしたが、かつては、こんな風に反戦歌が歌われましたね。いや、こんなに明るい顔はしていなかった。

IMG_0250.jpg
親子連れが多い。この子らが核のない平和な地球に住めますように。

IMG_0240.jpg
人間の鎖で爆心地を囲み参加者の団結を誓う

IMG_0192.jpg
小高い丘から、「長崎誓いの火」が見守る
1983年、ギリシャ政府の特別の許可により、人類最後の被爆地長崎に送る聖火が、オリンピアの丘で採火されました。オリンピック以外の目的で聖火が ギリシャ国外に出るのは極めて例外的なことです。古代オリンピアでは「聖火が灯されている間は、すべての戦いが止められた」と言われる。
それが実現するのはいつの日なのか。


↓ブログ・ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
釜山から私たちも応援しています!
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 平和 | 22:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長崎、祈りの日(2)・・・8月9日

平和祈念像がある平和公園では平和祈念式典が行われたが、その近くの爆心地公園にも多くの市民や県内外の方たちが祈りをささげに集った。

IMG_0158.jpg

爆心地モニュメントの前で行われる市が主催のセレモニーは、午前10時40分に行われた原爆死没者名簿の奉安のみである。

11時02分の黙とうも、誰が声をかけるでもない。
皆がサイレンの合図に合わせ、自然に黙とうが始まる。
それ以外は、皆が思い思いに手を合わせ死没者を思い、そして平和への誓いを新たにする。

私は、高校時代に白血病で失った(奪われた)被爆2世の友人Yを思い手を合わせた。

祈り、祈り、祈り 平和への祈り

IMG_0172.jpg

IMG_0178.jpg

IMG_0218.jpg

IMG_0219.jpg

IMG_0224.jpg

IMG_0267.jpg

IMG_0271.jpg

IMG_0275.jpg

IMG_0279.jpg

IMG_0282.jpg

IMG_0288.jpg

IMG_0227.jpg

IMG_0229.jpg

IMG_0261.jpg

IMG_0262.jpg

IMG_0291.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ

にほんブログ村

| 平和 | 01:50 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長崎、祈りの日(1)・・・8月9日

IMG_0128.jpg
長崎平和公園の一角にある少女と少年の像、足元には鳩。
まるであの夏の日から時間が止まっているような姿。こんな幼い子ども達までもが原爆のよって永遠に時を止められてしまったのです。

IMG_0130.jpg

IMG_0131.jpg
平和祈念式典の参加者は、年齢が高くなってきているようです。
因みに、式典には誰でもが参加できます。先着順で座席に座れます。

IMG_0135.jpg
戦争を知らない世代の子や孫たちも。

IMG_0142.jpg
県外から参加したとおぼしき高校生。
たくさんの折鶴を携えて。ありがとう。

IMG_0148.jpg
今回の祈念式典には、原爆投下を命じたトルーマン元米大統領の孫クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(55)と、広島・長崎に原爆投下したB29のレーダー士ヤコブ・ビーザー搭乗員の孫アリ・メイヤー・ビーザーさん(24)も参列しました。
上の写真は、平和公園への坂道を上るダニエルさん(左)とビーザーさん(右)
お二方とも、重そうな足取りでしたが、平和祈念式典への参列を決断をした勇気に敬意を表したい。

IMG_0151.jpg
報道によると、ダニエルさんは「多くの亡くなった命を思い、胸が張り裂ける思いだった」と語ったそうです。

《 ・・続きます・・》


これも御覧ください



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ

にほんブログ村

| 平和 | 14:42 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。