ながさきの森林(もり)

--------------------------------------------------森林、長崎、対馬、興味深い出来事、ヘェ~な話

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

真珠の耳飾りの少女・・・フェルメール

金曜、土曜日は、急な仕事で東京に下って(失礼)いましたので、ブログ訪問、返コメなど出来ず、大変失礼しました。ごめんなさい。

土曜日は仕事オフになり、何しようかと迷っていたら、NHKニュースでフェルメールの報道が。
そうだ、今日からフェルメールだと思い出し、上野の森へ。
初日で土曜日だから入場者も多いだろうから、入れないかもと半ば諦めていましたが、すんなり入館できました。
オープニングが10:00で、私が行ったのは10:30過ぎ。
500人が入口で並んだと後で聞きましたが、私が行ったのはその行列が中に入ってしまったときだった様です。

今回の目玉(大目玉)は、なんと言ってもフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」
「青いターバンの少女」の方が馴染みの方もいらっしゃるでしょう。(私も)

「真珠の耳飾りの少女」に早く会いたくて、先ずは他の作品を通過し「少女」へ。
でも「少女」までは長い長い行列。ドキドキしながら小一時間並び、ようやく会うことができました。

チラシ表1_0004

マウリッツハイス美術館展のチラシ(A4)

彼女は目の前に居ました。
何かを語りかけるように、こちらを見つめる目と半開きの唇、鮮やかな青のターバン。
まさしく、眼差しに射すくめられるとはこのことです。
多くは語らずとも・・・・

ディアナとニンフたち
ディアナとニンフたち/フェリメール (マウリッツハイス美術館展チラシから)

今回の展示50点のうち、フェルメールは2点のみ。
でも、もう一点東京にありました。
「真珠の飾りの少女」がベルリン国立美術館展(国立西洋美術館)に来ていたのです。
そちらは次の機会にとっておきます。

フェルメールのほかにも、レンブラントやルーベンスなど巨匠の作品があります。

レンブラント「自画像」
自画像/レンブラント  (マウリッツハイス美術館展チラシから)


真珠少女 ポストカード_0005

↑上は、この展示会入場者先着1万名にプレゼントされるポストカード
運良く頂けました。

美術館内のショップで記念品をお買い物↓

P7011830.jpg

↑2013年のカレンダー、謎解きフェルメール(書籍)、ポストカード、メモ帳のほか、無料でもらえるチラシや小冊子、チケット半券

【追伸】ただで貰ったもの、1個忘れてました。
DSCF4618.jpg
缶バッジ 館内ショップのおまけ 緑の羽根に意味はありません。

「マウリッツハイス美術館展」 ~9月17日、東京都美術館(上野)


↓ブログ・ランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎県情報へ
釜山から私たちも応援しています!
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 芸術 | 07:14 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。